プラレールで坂曲線レールを使ってプラレールタワー作ってみた!

僕のレイアウト No.5 [★★☆☆☆]

 

タカラトミーのプラレール。

子供でも大人でも楽しめるおもちゃですよね。

そのみんなが楽しめるプラレールで自分が作ったレイアウトのご紹介をしていきます。

是非、皆さんも参考にしてみてください!!

 

◆レイアウトの写真◆

 

今回は坂曲線レールを使って螺旋状に駆け上るタワーを作ってみました。
坂曲線レールの大きさは普通の曲線レールとミニ橋脚と全く同じ大きさでした。

安定したタワーの土台を作ることができ、とても綺麗なタワーを作ることが出来たと思います。

このパーツですがなかなかお値段も高くてびっくりしました。

また、曲線レールとミニ橋脚がくっついており、収納の際に少しかさばってしまいますね。

 

このレイアウトに必要なセット・パーツ

 名前個数
R-03 曲線レール×120
J-14 ブロック橋脚×120
J-15 ミニ橋脚×6
R-18 坂曲線レール×4

※数え間違いがあるかもしれません。

 

このレイアウトの作成中・実際の走行動画をYoutubeにアップしてあります。是非こちらもご覧ください。↓↓